タダラフィル 効果シアリス 薬価ed 娌荤檪 钖?銇ㄣ伅姣庨€卞皯銇亸銇ㄣ倐6鏃ラ枔

バィアグラなぜ中年に人々は「働かない」のですか?多くの中年男性の友人はこれについて深く困惑しています。以下は、ほとんどの中年男性の友人のための専門家の説明です。質問:私は今年50歳で、とても太っています。いつも疲れています。最近勃起するのは少し難しく、健康診断でも異常はありません。中年の人も同じですか?回答:まず、あなたの体に問題があることを確認できます。他の理由を除外します。これは、「晩発性性腺機能低下症(LOH)」のパフォーマンスと非常に似ています。もちろん、最終的な診断には、チェックなどの専門的な検査が必要です性ホルモンレベル。 40〜70歳の男性は、緊張やうつ病、疲労感、記憶喪失、不注意、不眠症、発作性のほてり、発汗、性欲減退、勃起不全などの症状があり、これらは医学的に「LOH」と呼ばれます;。男性にも「更年期障害」がありますQ:夫は49歳で、最近非常にいらいらしています。女性には更年期障害がありますが、男性にも更年期障害がありますか?回答:年齢の変化に伴い、特に中年と高齢者では、男性のアンドロゲンレベルが徐々に低下し、それに伴って、気分、体力、性機能が変化します。これは、医学では一般に「男性更年期障害」として知られています。それはLOHと呼ばれています。閉経期の女性のエストロゲンレベルの急激な低下と比較して、閉経期の男性のアンドロゲンレベルはゆっくりと低下し、主に正常値の下限を維持しているため、パフォーマンスは比較的穏やかです。この時期の男性の友達にはもっと注意が必要ですが、専門医の指導のもと、いくつかのアンドロゲンを補給したり、適切なコンディショニングを行うことで、この問題をうまく解決できます。男性にとってのアンドロゲンの重要性は?Q:医師は私の夫は「男性が不足している」と述べました。生殖機能を維持することに加えて、アンドロゲンは彼を男性のように見せます。他の影響は何ですか?回答:男性は車のようなもので、アンドロゲンはこの車の潤滑油です。アンドロゲンの主成分はテストステロンで、睾丸と副腎皮質から分泌されます。その標的器官には、脳、筋肉、心臓血管系、肝臓、腎臓、骨髄、骨、生殖腺、前立腺、および陰茎が含まれます。アンドロゲンは、男性の付属性器を刺激して成熟させ、正常な性欲を維持し、精子の成熟を促進します。さらに、食欲を刺激し、タンパク質合成、骨格筋の成長を促進し、筋肉を強化し、体脂肪の増加を抑制し、赤血球産生と長骨の成長を刺激します。したがって、男性が不足している男性は、筋肉量と筋力の低下、内臓脂肪の変化、性欲の低下または勃起不全、骨粗しょう症、皮膚のゆるみを経験する可能性があります。男性の欠乏症の男性は糖尿病になりやすいです。Q:医師は私の夫はLOHであり、彼はまた血中脂質と糖尿病が高いと言いました。LOHは血糖値と血中脂質と関係がありますか?回答:LOHは性腺機能低下症の遅延を意味します。現在の医学研究では、血糖値と血中脂質の異常な代謝がLOHに関連していることが証明されています。その理由は、アンドロゲンは脂肪組織の分布とパーセンテージを調節し、体脂肪の増加を阻害する可能性があるためです。肥満は、異常なグルコース代謝とインスリン抵抗性につながる可能性があります。アンドロゲン欠乏症の薬を服用する必要があります。Q:私は50歳の男性です。更年期障害だと思います。今はウンデカン酸テストステロンという薬があります。どのような状況で服用すべきですか?効果はどうですか?回答:ウンデカン酸テストステロンは、臨床実習における一次性または二次性性腺機能低下症の治療に一般的に使用されるテストステロン補充療法薬で、注射、経皮、経口などの剤形があります。経口剤は中国で一般的に使用されています。過敏症、体力の低下、性機能の低下などのLOHの症状がある中年および高齢の男性の友人は、専門家の指導の下で薬を服用できます。性腺機能低下症の男性がウンデカン酸テストステロンで治療された後、テストステロン、ジヒドロテストステロン、およびアンドロステロンの血漿濃度が有意に増加することが研究により示されています。アンドロゲンはさりげなく補充することはできません:アンドロゲンを補充すると中年男性を元気にすることができると聞きましたが、自分で補充することはできますか?回答:何らかの理由でアンドロゲンレベルが低い中年男性の場合、アンドロゲンの補給は理論的には妥当です。練習は強壮剤が一般的な健康と気分を改善し、性欲を高め、筋力と骨密度を高めることができることを証明しました。現在、理想的な薬は経口テストステロン薬です。天然テストステロンの脂肪酸エステルとしてのテストステロンウンデカノエートは現在臨床的に広く使用されています。この薬は食事と一緒に服用され、丸ごと飲み込まれます。一般的に、60-100 mgは、最初は毎日、朝と夕方に服用されます。 1ヶ月間服用後、1日20〜60mgに変更し、しばらく服用し続けることができます。血中テストステロン値は、投薬中に定期的にチェックする必要があります。テストステロンの補給は、前立腺肥大症や前立腺癌などの潜在的な前立腺疾患を悪化させる可能性があることは注目に値します。したがって、治療を開始する前に注意深く確認する必要があります。さらに、高齢の男性は前立腺疾患を発症する可能性が高く、注意して使用する必要があります。心臓病、腎臓病、高血圧症やその他の病気に苦しむ人々は、医師の綿密な監督の下で使用されるべきです。経口薬は副作用が最も少ないです。Q:医師が私にウンデカン酸テストステロンの丸薬を処方しました。この薬には副作用がありますか?どのくらいの期間服用する必要がありますか?どのように薬を保管する必要がありますか?回答:それは薬の3番目の部分です。どんな薬でも、病気を治療している間、必然的に病気に特定の副作用をもたらします。しかし、相対的に言えば、ウンデカン酸テストステロンは現在、一次または二次のアンドロゲン欠乏症の治療に最小限の副作用しかありません。ウンデカン酸テストステロンは、天然のテストステロンの脂肪酸エステルであり、経口投与後、正常な肝機能に影響を与えることなく、オレイン酸とともに腸を介してリンパ系に吸収されます。薬物吸収の過程で、ウンデカン酸テストステロンは部分的にジヒドロテストステロンウンデカン酸に分解されます。テストステロンとジヒドロテストステロンの両方が最終的に通常の方法で代謝され、腎臓への負担を増加させません。ウンデカン酸テストステロンの経口投与のコースは、一般的に3ヶ月〜4ヶ月です。常温で保存できます。

香港藥房訂購 香港藥房,偉哥,犀利士,立威大,必利勁 タダラフィル偽物 タダラフィル ジェネリック なぜ中年に人々は「働かない」のですか?多くの中年男性の友人はこれについて深く困惑しています。以下は、ほとんどの中年男性の友人のための専門家の説明です。質問:私は今年50歳で、とても太っています。いつも疲れています。最近勃起するのは少し難しく、健康診断でも異常はありません。中年の人も同じですか?回答:まず、あなたの体に問題があることを確認できます。他の理由を除外します。これは、「晩発性性腺機能低下症(LOH)」のパフォーマンスと非常に似ています。もちろん、最終的な診断には、チェックなどの専門的な検査が必要です性ホルモンレベル。 40〜70歳の男性は、緊張やうつ病、疲労感、記憶喪失、不注意、不眠症、発作性のほてり、発汗、性欲減退、勃起不全などの症状があり、これらは医学的に「LOH」と呼ばれます;。男性にも「更年期障害」がありますQ:夫は49歳で、最近非常にいらいらしています。女性には更年期障害がありますが、男性にも更年期障害がありますか?回答:年齢の変化に伴い、特に中年と高齢者では、男性のアンドロゲンレベルが徐々に低下し、それに伴って、気分、体力、性機能が変化します。これは、医学では一般に「男性更年期障害」として知られています。それはLOHと呼ばれています。閉経期の女性のエストロゲンレベルの急激な低下と比較して、閉経期の男性のアンドロゲンレベルはゆっくりと低下し、主に正常値の下限を維持しているため、パフォーマンスは比較的穏やかです。この時期の男性の友達にはもっと注意が必要ですが、専門医の指導のもと、いくつかのアンドロゲンを補給したり、適切なコンディショニングを行うことで、この問題をうまく解決できます。男性にとってのアンドロゲンの重要性は?Q:医師は私の夫は「男性が不足している」と述べました。生殖機能を維持することに加えて、アンドロゲンは彼を男性のように見せます。他の影響は何ですか?回答:男性は車のようなもので、アンドロゲンはこの車の潤滑油です。アンドロゲンの主成分はテストステロンで、睾丸と副腎皮質から分泌されます。その標的器官には、脳、筋肉、心臓血管系、肝臓、腎臓、骨髄、骨、生殖腺、前立腺、および陰茎が含まれます。アンドロゲンは、男性の付属性器を刺激して成熟させ、正常な性欲を維持し、精子の成熟を促進します。さらに、食欲を刺激し、タンパク質合成、骨格筋の成長を促進し、筋肉を強化し、体脂肪の増加を抑制し、赤血球産生と長骨の成長を刺激します。したがって、男性が不足している男性は、筋肉量と筋力の低下、内臓脂肪の変化、性欲の低下または勃起不全、骨粗しょう症、皮膚のゆるみを経験する可能性があります。男性の欠乏症の男性は糖尿病になりやすいです。Q:医師は私の夫はLOHであり、彼はまた血中脂質と糖尿病が高いと言いました。LOHは血糖値と血中脂質と関係がありますか?回答:LOHは性腺機能低下症の遅延を意味します。現在の医学研究では、血糖値と血中脂質の異常な代謝がLOHに関連していることが証明されています。その理由は、アンドロゲンは脂肪組織の分布とパーセンテージを調節し、体脂肪の増加を阻害する可能性があるためです。肥満は、異常なグルコース代謝とインスリン抵抗性につながる可能性があります。アンドロゲン欠乏症の薬を服用する必要があります。Q:私は50歳の男性です。更年期障害だと思います。今はウンデカン酸テストステロンという薬があります。どのような状況で服用すべきですか?効果はどうですか?回答:ウンデカン酸テストステロンは、臨床実習における一次性または二次性性腺機能低下症の治療に一般的に使用されるテストステロン補充療法薬で、注射、経皮、経口などの剤形があります。経口剤は中国で一般的に使用されています。過敏症、体力の低下、性機能の低下などのLOHの症状がある中年および高齢の男性の友人は、専門家の指導の下で薬を服用できます。性腺機能低下症の男性がウンデカン酸テストステロンで治療された後、テストステロン、ジヒドロテストステロン、およびアンドロステロンの血漿濃度が有意に増加することが研究により示されています。アンドロゲンはさりげなく補充することはできません:アンドロゲンを補充すると中年男性を元気にすることができると聞きましたが、自分で補充することはできますか?回答:何らかの理由でアンドロゲンレベルが低い中年男性の場合、アンドロゲンの補給は理論的には妥当です。練習は強壮剤が一般的な健康と気分を改善し、性欲を高め、筋力と骨密度を高めることができることを証明しました。現在、理想的な薬は経口テストステロン薬です。天然テストステロンの脂肪酸エステルとしてのテストステロンウンデカノエートは現在臨床的に広く使用されています。この薬は食事と一緒に服用され、丸ごと飲み込まれます。一般的に、60-100 mgは、最初は毎日、朝と夕方に服用されます。 1ヶ月間服用後、1日20〜60mgに変更し、しばらく服用し続けることができます。血中テストステロン値は、投薬中に定期的にチェックする必要があります。テストステロンの補給は、前立腺肥大症や前立腺癌などの潜在的な前立腺疾患を悪化させる可能性があることは注目に値します。したがって、治療を開始する前に注意深く確認する必要があります。さらに、高齢の男性は前立腺疾患を発症する可能性が高く、注意して使用する必要があります。心臓病、腎臓病、高血圧症やその他の病気に苦しむ人々は、医師の綿密な監督の下で使用されるべきです。経口薬は副作用が最も少ないです。Q:医師が私にウンデカン酸テストステロンの丸薬を処方しました。この薬には副作用がありますか?どのくらいの期間服用する必要がありますか?どのように薬を保管する必要がありますか?回答:それは薬の3番目の部分です。どんな薬でも、病気を治療している間、必然的に病気に特定の副作用をもたらします。しかし、相対的に言えば、ウンデカン酸テストステロンは現在、一次または二次のアンドロゲン欠乏症の治療に最小限の副作用しかありません。ウンデカン酸テストステロンは、天然のテストステロンの脂肪酸エステルであり、経口投与後、正常な肝機能に影響を与えることなく、オレイン酸とともに腸を介してリンパ系に吸収されます。薬物吸収の過程で、ウンデカン酸テストステロンは部分的にジヒドロテストステロンウンデカン酸に分解されます。テストステロンとジヒドロテストステロンの両方が最終的に通常の方法で代謝され、腎臓への負担を増加させません。ウンデカン酸テストステロンの経口投与のコースは、一般的に3ヶ月〜4ヶ月です。常温で保存できます。 レビトラ通販おくすり王国 銉儞銉堛儵 銈搞偋銉嶃儶銉冦偗椋熸銇屽銇椼仸椋熸銇屽銇? 銉儞銉堛儵20mg鏈濋銇倐銇c仺椋熴伖銈屻伆 犀利士Cialis線上藥局 なぜ中年に人々は「働かない」のですか?多くの中年男性の友人はこれについて深く困惑しています。以下は、ほとんどの中年男性の友人のための専門家の説明です。質問:私は今年50歳で、とても太っています。いつも疲れています。最近勃起するのは少し難しく、健康診断でも異常はありません。中年の人も同じですか?回答:まず、あなたの体に問題があることを確認できます。他の理由を除外します。これは、「晩発性性腺機能低下症(LOH)」のパフォーマンスと非常に似ています。もちろん、最終的な診断には、チェックなどの専門的な検査が必要です性ホルモンレベル。 40〜70歳の男性は、緊張やうつ病、疲労感、記憶喪失、不注意、不眠症、発作性のほてり、発汗、性欲減退、勃起不全などの症状があり、これらは医学的に「LOH」と呼ばれます;。男性にも「更年期障害」がありますQ:夫は49歳で、最近非常にいらいらしています。女性には更年期障害がありますが、男性にも更年期障害がありますか?回答:年齢の変化に伴い、特に中年と高齢者では、男性のアンドロゲンレベルが徐々に低下し、それに伴って、気分、体力、性機能が変化します。これは、医学では一般に「男性更年期障害」として知られています。それはLOHと呼ばれています。閉経期の女性のエストロゲンレベルの急激な低下と比較して、閉経期の男性のアンドロゲンレベルはゆっくりと低下し、主に正常値の下限を維持しているため、パフォーマンスは比較的穏やかです。この時期の男性の友達にはもっと注意が必要ですが、専門医の指導のもと、いくつかのアンドロゲンを補給したり、適切なコンディショニングを行うことで、この問題をうまく解決できます。男性にとってのアンドロゲンの重要性は?Q:医師は私の夫は「男性が不足している」と述べました。生殖機能を維持することに加えて、アンドロゲンは彼を男性のように見せます。他の影響は何ですか?回答:男性は車のようなもので、アンドロゲンはこの車の潤滑油です。アンドロゲンの主成分はテストステロンで、睾丸と副腎皮質から分泌されます。その標的器官には、脳、筋肉、心臓血管系、肝臓、腎臓、骨髄、骨、生殖腺、前立腺、および陰茎が含まれます。アンドロゲンは、男性の付属性器を刺激して成熟させ、正常な性欲を維持し、精子の成熟を促進します。さらに、食欲を刺激し、タンパク質合成、骨格筋の成長を促進し、筋肉を強化し、体脂肪の増加を抑制し、赤血球産生と長骨の成長を刺激します。したがって、男性が不足している男性は、筋肉量と筋力の低下、内臓脂肪の変化、性欲の低下または勃起不全、骨粗しょう症、皮膚のゆるみを経験する可能性があります。男性の欠乏症の男性は糖尿病になりやすいです。Q:医師は私の夫はLOHであり、彼はまた血中脂質と糖尿病が高いと言いました。LOHは血糖値と血中脂質と関係がありますか?回答:LOHは性腺機能低下症の遅延を意味します。現在の医学研究では、血糖値と血中脂質の異常な代謝がLOHに関連していることが証明されています。その理由は、アンドロゲンは脂肪組織の分布とパーセンテージを調節し、体脂肪の増加を阻害する可能性があるためです。肥満は、異常なグルコース代謝とインスリン抵抗性につながる可能性があります。アンドロゲン欠乏症の薬を服用する必要があります。Q:私は50歳の男性です。更年期障害だと思います。今はウンデカン酸テストステロンという薬があります。どのような状況で服用すべきですか?効果はどうですか?回答:ウンデカン酸テストステロンは、臨床実習における一次性または二次性性腺機能低下症の治療に一般的に使用されるテストステロン補充療法薬で、注射、経皮、経口などの剤形があります。経口剤は中国で一般的に使用されています。過敏症、体力の低下、性機能の低下などのLOHの症状がある中年および高齢の男性の友人は、専門家の指導の下で薬を服用できます。性腺機能低下症の男性がウンデカン酸テストステロンで治療された後、テストステロン、ジヒドロテストステロン、およびアンドロステロンの血漿濃度が有意に増加することが研究により示されています。アンドロゲンはさりげなく補充することはできません:アンドロゲンを補充すると中年男性を元気にすることができると聞きましたが、自分で補充することはできますか?回答:何らかの理由でアンドロゲンレベルが低い中年男性の場合、アンドロゲンの補給は理論的には妥当です。練習は強壮剤が一般的な健康と気分を改善し、性欲を高め、筋力と骨密度を高めることができることを証明しました。現在、理想的な薬は経口テストステロン薬です。天然テストステロンの脂肪酸エステルとしてのテストステロンウンデカノエートは現在臨床的に広く使用されています。この薬は食事と一緒に服用され、丸ごと飲み込まれます。一般的に、60-100 mgは、最初は毎日、朝と夕方に服用されます。 1ヶ月間服用後、1日20〜60mgに変更し、しばらく服用し続けることができます。血中テストステロン値は、投薬中に定期的にチェックする必要があります。テストステロンの補給は、前立腺肥大症や前立腺癌などの潜在的な前立腺疾患を悪化させる可能性があることは注目に値します。したがって、治療を開始する前に注意深く確認する必要があります。さらに、高齢の男性は前立腺疾患を発症する可能性が高く、注意して使用する必要があります。心臓病、腎臓病、高血圧症やその他の病気に苦しむ人々は、医師の綿密な監督の下で使用されるべきです。経口薬は副作用が最も少ないです。Q:医師が私にウンデカン酸テストステロンの丸薬を処方しました。この薬には副作用がありますか?どのくらいの期間服用する必要がありますか?どのように薬を保管する必要がありますか?回答:それは薬の3番目の部分です。どんな薬でも、病気を治療している間、必然的に病気に特定の副作用をもたらします。しかし、相対的に言えば、ウンデカン酸テストステロンは現在、一次または二次のアンドロゲン欠乏症の治療に最小限の副作用しかありません。ウンデカン酸テストステロンは、天然のテストステロンの脂肪酸エステルであり、経口投与後、正常な肝機能に影響を与えることなく、オレイン酸とともに腸を介してリンパ系に吸収されます。薬物吸収の過程で、ウンデカン酸テストステロンは部分的にジヒドロテストステロンウンデカン酸に分解されます。テストステロンとジヒドロテストステロンの両方が最終的に通常の方法で代謝され、腎臓への負担を増加させません。ウンデカン酸テストステロンの経口投与のコースは、一般的に3ヶ月〜4ヶ月です。常温で保存できます。 勃起不全 なぜ中年に人々は「働かない」のですか?多くの中年男性の友人はこれについて深く困惑しています。以下は、ほとんどの中年男性の友人のための専門家の説明です。質問:私は今年50歳で、とても太っています。いつも疲れています。最近勃起するのは少し難しく、健康診断でも異常はありません。中年の人も同じですか?回答:まず、あなたの体に問題があることを確認できます。他の理由を除外します。これは、「晩発性性腺機能低下症(LOH)」のパフォーマンスと非常に似ています。もちろん、最終的な診断には、チェックなどの専門的な検査が必要です性ホルモンレベル。 40〜70歳の男性は、緊張やうつ病、疲労感、記憶喪失、不注意、不眠症、発作性のほてり、発汗、性欲減退、勃起不全などの症状があり、これらは医学的に「LOH」と呼ばれます;。男性にも「更年期障害」がありますQ:夫は49歳で、最近非常にいらいらしています。女性には更年期障害がありますが、男性にも更年期障害がありますか?回答:年齢の変化に伴い、特に中年と高齢者では、男性のアンドロゲンレベルが徐々に低下し、それに伴って、気分、体力、性機能が変化します。これは、医学では一般に「男性更年期障害」として知られています。それはLOHと呼ばれています。閉経期の女性のエストロゲンレベルの急激な低下と比較して、閉経期の男性のアンドロゲンレベルはゆっくりと低下し、主に正常値の下限を維持しているため、パフォーマンスは比較的穏やかです。この時期の男性の友達にはもっと注意が必要ですが、専門医の指導のもと、いくつかのアンドロゲンを補給したり、適切なコンディショニングを行うことで、この問題をうまく解決できます。男性にとってのアンドロゲンの重要性は?Q:医師は私の夫は「男性が不足している」と述べました。生殖機能を維持することに加えて、アンドロゲンは彼を男性のように見せます。他の影響は何ですか?回答:男性は車のようなもので、アンドロゲンはこの車の潤滑油です。アンドロゲンの主成分はテストステロンで、睾丸と副腎皮質から分泌されます。その標的器官には、脳、筋肉、心臓血管系、肝臓、腎臓、骨髄、骨、生殖腺、前立腺、および陰茎が含まれます。アンドロゲンは、男性の付属性器を刺激して成熟させ、正常な性欲を維持し、精子の成熟を促進します。さらに、食欲を刺激し、タンパク質合成、骨格筋の成長を促進し、筋肉を強化し、体脂肪の増加を抑制し、赤血球産生と長骨の成長を刺激します。したがって、男性が不足している男性は、筋肉量と筋力の低下、内臓脂肪の変化、性欲の低下または勃起不全、骨粗しょう症、皮膚のゆるみを経験する可能性があります。男性の欠乏症の男性は糖尿病になりやすいです。Q:医師は私の夫はLOHであり、彼はまた血中脂質と糖尿病が高いと言いました。LOHは血糖値と血中脂質と関係がありますか?回答:LOHは性腺機能低下症の遅延を意味します。現在の医学研究では、血糖値と血中脂質の異常な代謝がLOHに関連していることが証明されています。その理由は、アンドロゲンは脂肪組織の分布とパーセンテージを調節し、体脂肪の増加を阻害する可能性があるためです。肥満は、異常なグルコース代謝とインスリン抵抗性につながる可能性があります。アンドロゲン欠乏症の薬を服用する必要があります。Q:私は50歳の男性です。更年期障害だと思います。今はウンデカン酸テストステロンという薬があります。どのような状況で服用すべきですか?効果はどうですか?回答:ウンデカン酸テストステロンは、臨床実習における一次性または二次性性腺機能低下症の治療に一般的に使用されるテストステロン補充療法薬で、注射、経皮、経口などの剤形があります。経口剤は中国で一般的に使用されています。過敏症、体力の低下、性機能の低下などのLOHの症状がある中年および高齢の男性の友人は、専門家の指導の下で薬を服用できます。性腺機能低下症の男性がウンデカン酸テストステロンで治療された後、テストステロン、ジヒドロテストステロン、およびアンドロステロンの血漿濃度が有意に増加することが研究により示されています。アンドロゲンはさりげなく補充することはできません:アンドロゲンを補充すると中年男性を元気にすることができると聞きましたが、自分で補充することはできますか?回答:何らかの理由でアンドロゲンレベルが低い中年男性の場合、アンドロゲンの補給は理論的には妥当です。練習は強壮剤が一般的な健康と気分を改善し、性欲を高め、筋力と骨密度を高めることができることを証明しました。現在、理想的な薬は経口テストステロン薬です。天然テストステロンの脂肪酸エステルとしてのテストステロンウンデカノエートは現在臨床的に広く使用されています。この薬は食事と一緒に服用され、丸ごと飲み込まれます。一般的に、60-100 mgは、最初は毎日、朝と夕方に服用されます。 1ヶ月間服用後、1日20〜60mgに変更し、しばらく服用し続けることができます。血中テストステロン値は、投薬中に定期的にチェックする必要があります。テストステロンの補給は、前立腺肥大症や前立腺癌などの潜在的な前立腺疾患を悪化させる可能性があることは注目に値します。したがって、治療を開始する前に注意深く確認する必要があります。さらに、高齢の男性は前立腺疾患を発症する可能性が高く、注意して使用する必要があります。心臓病、腎臓病、高血圧症やその他の病気に苦しむ人々は、医師の綿密な監督の下で使用されるべきです。経口薬は副作用が最も少ないです。Q:医師が私にウンデカン酸テストステロンの丸薬を処方しました。この薬には副作用がありますか?どのくらいの期間服用する必要がありますか?どのように薬を保管する必要がありますか?回答:それは薬の3番目の部分です。どんな薬でも、病気を治療している間、必然的に病気に特定の副作用をもたらします。しかし、相対的に言えば、ウンデカン酸テストステロンは現在、一次または二次のアンドロゲン欠乏症の治療に最小限の副作用しかありません。ウンデカン酸テストステロンは、天然のテストステロンの脂肪酸エステルであり、経口投与後、正常な肝機能に影響を与えることなく、オレイン酸とともに腸を介してリンパ系に吸収されます。薬物吸収の過程で、ウンデカン酸テストステロンは部分的にジヒドロテストステロンウンデカン酸に分解されます。テストステロンとジヒドロテストステロンの両方が最終的に通常の方法で代謝され、腎臓への負担を増加させません。ウンデカン酸テストステロンの経口投与のコースは、一般的に3ヶ月〜4ヶ月です。常温で保存できます。 最強のed薬 Ed 治療 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。Ed 治療 シアリス ジェネリック 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 なぜ中年に人々は「働かない」のですか?多くの中年男性の友人はこれについて深く困惑しています。以下は、ほとんどの中年男性の友人のための専門家の説明です。質問:私は今年50歳で、とても太っています。いつも疲れています。最近勃起するのは少し難しく、健康診断でも異常はありません。中年の人も同じですか?回答:まず、あなたの体に問題があることを確認できます。他の理由を除外します。これは、「晩発性性腺機能低下症(LOH)」のパフォーマンスと非常に似ています。もちろん、最終的な診断には、チェックなどの専門的な検査が必要です性ホルモンレベル。 40〜70歳の男性は、緊張やうつ病、疲労感、記憶喪失、不注意、不眠症、発作性のほてり、発汗、性欲減退、勃起不全などの症状があり、これらは医学的に「LOH」と呼ばれます;。男性にも「更年期障害」がありますQ:夫は49歳で、最近非常にいらいらしています。女性には更年期障害がありますが、男性にも更年期障害がありますか?回答:年齢の変化に伴い、特に中年と高齢者では、男性のアンドロゲンレベルが徐々に低下し、それに伴って、気分、体力、性機能が変化します。これは、医学では一般に「男性更年期障害」として知られています。それはLOHと呼ばれています。閉経期の女性のエストロゲンレベルの急激な低下と比較して、閉経期の男性のアンドロゲンレベルはゆっくりと低下し、主に正常値の下限を維持しているため、パフォーマンスは比較的穏やかです。この時期の男性の友達にはもっと注意が必要ですが、専門医の指導のもと、いくつかのアンドロゲンを補給したり、適切なコンディショニングを行うことで、この問題をうまく解決できます。男性にとってのアンドロゲンの重要性は?Q:医師は私の夫は「男性が不足している」と述べました。生殖機能を維持することに加えて、アンドロゲンは彼を男性のように見せます。他の影響は何ですか?回答:男性は車のようなもので、アンドロゲンはこの車の潤滑油です。アンドロゲンの主成分はテストステロンで、睾丸と副腎皮質から分泌されます。その標的器官には、脳、筋肉、心臓血管系、肝臓、腎臓、骨髄、骨、生殖腺、前立腺、および陰茎が含まれます。アンドロゲンは、男性の付属性器を刺激して成熟させ、正常な性欲を維持し、精子の成熟を促進します。さらに、食欲を刺激し、タンパク質合成、骨格筋の成長を促進し、筋肉を強化し、体脂肪の増加を抑制し、赤血球産生と長骨の成長を刺激します。したがって、男性が不足している男性は、筋肉量と筋力の低下、内臓脂肪の変化、性欲の低下または勃起不全、骨粗しょう症、皮膚のゆるみを経験する可能性があります。男性の欠乏症の男性は糖尿病になりやすいです。Q:医師は私の夫はLOHであり、彼はまた血中脂質と糖尿病が高いと言いました。LOHは血糖値と血中脂質と関係がありますか?回答:LOHは性腺機能低下症の遅延を意味します。現在の医学研究では、血糖値と血中脂質の異常な代謝がLOHに関連していることが証明されています。その理由は、アンドロゲンは脂肪組織の分布とパーセンテージを調節し、体脂肪の増加を阻害する可能性があるためです。肥満は、異常なグルコース代謝とインスリン抵抗性につながる可能性があります。アンドロゲン欠乏症の薬を服用する必要があります。Q:私は50歳の男性です。更年期障害だと思います。今はウンデカン酸テストステロンという薬があります。どのような状況で服用すべきですか?効果はどうですか?回答:ウンデカン酸テストステロンは、臨床実習における一次性または二次性性腺機能低下症の治療に一般的に使用されるテストステロン補充療法薬で、注射、経皮、経口などの剤形があります。経口剤は中国で一般的に使用されています。過敏症、体力の低下、性機能の低下などのLOHの症状がある中年および高齢の男性の友人は、専門家の指導の下で薬を服用できます。性腺機能低下症の男性がウンデカン酸テストステロンで治療された後、テストステロン、ジヒドロテストステロン、およびアンドロステロンの血漿濃度が有意に増加することが研究により示されています。アンドロゲンはさりげなく補充することはできません:アンドロゲンを補充すると中年男性を元気にすることができると聞きましたが、自分で補充することはできますか?回答:何らかの理由でアンドロゲンレベルが低い中年男性の場合、アンドロゲンの補給は理論的には妥当です。練習は強壮剤が一般的な健康と気分を改善し、性欲を高め、筋力と骨密度を高めることができることを証明しました。現在、理想的な薬は経口テストステロン薬です。天然テストステロンの脂肪酸エステルとしてのテストステロンウンデカノエートは現在臨床的に広く使用されています。この薬は食事と一緒に服用され、丸ごと飲み込まれます。一般的に、60-100 mgは、最初は毎日、朝と夕方に服用されます。 1ヶ月間服用後、1日20〜60mgに変更し、しばらく服用し続けることができます。血中テストステロン値は、投薬中に定期的にチェックする必要があります。テストステロンの補給は、前立腺肥大症や前立腺癌などの潜在的な前立腺疾患を悪化させる可能性があることは注目に値します。したがって、治療を開始する前に注意深く確認する必要があります。さらに、高齢の男性は前立腺疾患を発症する可能性が高く、注意して使用する必要があります。心臓病、腎臓病、高血圧症やその他の病気に苦しむ人々は、医師の綿密な監督の下で使用されるべきです。経口薬は副作用が最も少ないです。Q:医師が私にウンデカン酸テストステロンの丸薬を処方しました。この薬には副作用がありますか?どのくらいの期間服用する必要がありますか?どのように薬を保管する必要がありますか?回答:それは薬の3番目の部分です。どんな薬でも、病気を治療している間、必然的に病気に特定の副作用をもたらします。しかし、相対的に言えば、ウンデカン酸テストステロンは現在、一次または二次のアンドロゲン欠乏症の治療に最小限の副作用しかありません。ウンデカン酸テストステロンは、天然のテストステロンの脂肪酸エステルであり、経口投与後、正常な肝機能に影響を与えることなく、オレイン酸とともに腸を介してリンパ系に吸収されます。薬物吸収の過程で、ウンデカン酸テストステロンは部分的にジヒドロテストステロンウンデカン酸に分解されます。テストステロンとジヒドロテストステロンの両方が最終的に通常の方法で代謝され、腎臓への負担を増加させません。ウンデカン酸テストステロンの経口投与のコースは、一般的に3ヶ月〜4ヶ月です。常温で保存できます。.

なぜ中年に人々は「働かない」のですか?多くの中年男性の友人はこれについて深く困惑しています。以下は、ほとんどの中年男性の友人のための専門家の説明です。質問:私は今年50歳で、とても太っています。いつも疲れています。最近勃起するのは少し難しく、健康診断でも異常はありません。中年の人も同じですか?回答:まず、あなたの体に問題があることを確認できます。他の理由を除外します。これは、「晩発性性腺機能低下症(LOH)」のパフォーマンスと非常に似ています。もちろん、最終的な診断には、チェックなどの専門的な検査が必要です性ホルモンレベル。 40〜70歳の男性は、緊張やうつ病、疲労感、記憶喪失、不注意、不眠症、発作性のほてり、発汗、性欲減退、勃起不全などの症状があり、これらは医学的に「LOH」と呼ばれます;。男性にも「更年期障害」がありますQ:夫は49歳で、最近非常にいらいらしています。女性には更年期障害がありますが、男性にも更年期障害がありますか?回答:年齢の変化に伴い、特に中年と高齢者では、男性のアンドロゲンレベルが徐々に低下し、それに伴って、気分、体力、性機能が変化します。これは、医学では一般に「男性更年期障害」として知られています。それはLOHと呼ばれています。閉経期の女性のエストロゲンレベルの急激な低下と比較して、閉経期の男性のアンドロゲンレベルはゆっくりと低下し、主に正常値の下限を維持しているため、パフォーマンスは比較的穏やかです。この時期の男性の友達にはもっと注意が必要ですが、専門医の指導のもと、いくつかのアンドロゲンを補給したり、適切なコンディショニングを行うことで、この問題をうまく解決できます。男性にとってのアンドロゲンの重要性は?Q:医師は私の夫は「男性が不足している」と述べました。生殖機能を維持することに加えて、アンドロゲンは彼を男性のように見せます。他の影響は何ですか?回答:男性は車のようなもので、アンドロゲンはこの車の潤滑油です。アンドロゲンの主成分はテストステロンで、睾丸と副腎皮質から分泌されます。その標的器官には、脳、筋肉、心臓血管系、肝臓、腎臓、骨髄、骨、生殖腺、前立腺、および陰茎が含まれます。アンドロゲンは、男性の付属性器を刺激して成熟させ、正常な性欲を維持し、精子の成熟を促進します。さらに、食欲を刺激し、タンパク質合成、骨格筋の成長を促進し、筋肉を強化し、体脂肪の増加を抑制し、赤血球産生と長骨の成長を刺激します。したがって、男性が不足している男性は、筋肉量と筋力の低下、内臓脂肪の変化、性欲の低下または勃起不全、骨粗しょう症、皮膚のゆるみを経験する可能性があります。男性の欠乏症の男性は糖尿病になりやすいです。Q:医師は私の夫はLOHであり、彼はまた血中脂質と糖尿病が高いと言いました。LOHは血糖値と血中脂質と関係がありますか?回答:LOHは性腺機能低下症の遅延を意味します。現在の医学研究では、血糖値と血中脂質の異常な代謝がLOHに関連していることが証明されています。その理由は、アンドロゲンは脂肪組織の分布とパーセンテージを調節し、体脂肪の増加を阻害する可能性があるためです。肥満は、異常なグルコース代謝とインスリン抵抗性につながる可能性があります。アンドロゲン欠乏症の薬を服用する必要があります。Q:私は50歳の男性です。更年期障害だと思います。今はウンデカン酸テストステロンという薬があります。どのような状況で服用すべきですか?効果はどうですか?回答:ウンデカン酸テストステロンは、臨床実習における一次性または二次性性腺機能低下症の治療に一般的に使用されるテストステロン補充療法薬で、注射、経皮、経口などの剤形があります。経口剤は中国で一般的に使用されています。過敏症、体力の低下、性機能の低下などのLOHの症状がある中年および高齢の男性の友人は、専門家の指導の下で薬を服用できます。性腺機能低下症の男性がウンデカン酸テストステロンで治療された後、テストステロン、ジヒドロテストステロン、およびアンドロステロンの血漿濃度が有意に増加することが研究により示されています。アンドロゲンはさりげなく補充することはできません:アンドロゲンを補充すると中年男性を元気にすることができると聞きましたが、自分で補充することはできますか?回答:何らかの理由でアンドロゲンレベルが低い中年男性の場合、アンドロゲンの補給は理論的には妥当です。練習は強壮剤が一般的な健康と気分を改善し、性欲を高め、筋力と骨密度を高めることができることを証明しました。現在、理想的な薬は経口テストステロン薬です。天然テストステロンの脂肪酸エステルとしてのテストステロンウンデカノエートは現在臨床的に広く使用されています。この薬は食事と一緒に服用され、丸ごと飲み込まれます。一般的に、60-100 mgは、最初は毎日、朝と夕方に服用されます。 1ヶ月間服用後、1日20〜60mgに変更し、しばらく服用し続けることができます。血中テストステロン値は、投薬中に定期的にチェックする必要があります。テストステロンの補給は、前立腺肥大症や前立腺癌などの潜在的な前立腺疾患を悪化させる可能性があることは注目に値します。したがって、治療を開始する前に注意深く確認する必要があります。さらに、高齢の男性は前立腺疾患を発症する可能性が高く、注意して使用する必要があります。心臓病、腎臓病、高血圧症やその他の病気に苦しむ人々は、医師の綿密な監督の下で使用されるべきです。経口薬は副作用が最も少ないです。Q:医師が私にウンデカン酸テストステロンの丸薬を処方しました。この薬には副作用がありますか?どのくらいの期間服用する必要がありますか?どのように薬を保管する必要がありますか?回答:それは薬の3番目の部分です。どんな薬でも、病気を治療している間、必然的に病気に特定の副作用をもたらします。しかし、相対的に言えば、ウンデカン酸テストステロンは現在、一次または二次のアンドロゲン欠乏症の治療に最小限の副作用しかありません。ウンデカン酸テストステロンは、天然のテストステロンの脂肪酸エステルであり、経口投与後、正常な肝機能に影響を与えることなく、オレイン酸とともに腸を介してリンパ系に吸収されます。薬物吸収の過程で、ウンデカン酸テストステロンは部分的にジヒドロテストステロンウンデカン酸に分解されます。テストステロンとジヒドロテストステロンの両方が最終的に通常の方法で代謝され、腎臓への負担を増加させません。ウンデカン酸テストステロンの経口投与のコースは、一般的に3ヶ月〜4ヶ月です。常温で保存できます。レビトラジェネクリ代行